キンタマーニ高原

実在したりしなかったりします

さつこ流「プレイヤーキャラクター」作成のコツ

皆さんお疲れ様です。

というわけで、「TRPG Advent Calender 2021」向けに記事を書くことにしました。テーマは「プレイヤーキャラクター作成のコツ」です。

最近はGMをやらせていただく機会も増えてきましたが、意外とプレイヤー向けの記事ってない気がしたので。

ちなみに今日(執筆日)は17日です。もう年末ですね。

 

TRPGの大原則「セッションは”みんなで”楽しむもの」

ここでまず重要な「これ」を思い出しておきましょう。

近年のシステムではルールブックにまず書いてあることが多いですが*1PvP・対立などの場合でも忘れてはならないことですね。

「みんな」の中には進行役である「ゲームマスター*2」も含まれます。

ですので、ゲームマスターさんを困らせるようなキャラクター、例えば「何かを調べるのが目的なのに、調査に協力しない」のようなことは避けましょう。

「でも、ツンデレとかやりたい!」の場合はどうすればよいか?

「弱点」を作る

です。

どういうことかというと、「このキャラクターは○○」という、キャラクター的に突かれたら困るポイントを作って、わざとバラしてそこを突いてもらいましょう

例を挙げると、

・「お金に困っている」というポイントを作って、「このキャラクターはお金に困っているので、依頼料をたくさん積まれたら嫌でも受けます」とぶっちゃける

などです。

プレイヤーとして参加するうえで大事なのは「セッションの進行を助ける」ことですので、こういう「ぶっちゃけ」はおすすめです*3

 

次は実際にキャラクターを作る時のコツを見ていきましょう。

難易度の低いおすすめは「○○が”好き”」

です。

分かりやすい例だと、

・食べ物

・特定の物を大事にしている

ですかね。

こういう「ポジティブに動かせる動機」は比較的やりやすいです。キャラクターを動かすプレイヤーも積極的になれるので。

例えば「チョコレートが好き」なら「チョコレート」を理由にして依頼を受けることもできますし、ロールプレイの中で「チョコレート食べたいなー」などと言わせてみることもできます。

「万年筆を愛用している」なら、「胸ポケットの中やカバンの中の万年筆を確認する」というしぐさに利用することも可能です。

ちょっと難しいけど「”弱み”」

も面白いです。

例えば、

・知られたくない秘密を握られている

・特定の食べ物が苦手

・お金に困っている

などです。

なぜこれが「難しい」かというと、「キャラクターが積極的に動くわけではないので、プレイヤーが考えることが多い」からです。

先ほど「お金に困っている」キャラクターの例を出しましたが、この場合だと「5W1Hで理由を考える」までしておかないと、ちょっとロールプレイがしにくいですよね?

一口に「お金に困っている」と言っても、

・養護施設で育って、普段はバイトに明け暮れている大学生

と、

・安定した収入を得ていたが、職を失ってしまった中年の男性

とかまで考えて、しかもそれに関するロールプレイもしないといけないですね。なので「ちょっと難しい」わけです。

最後に:大事なこと

というわけで、さらっとですがいかがでしたでしょうか。

一番大事なのは「みんなが楽しめること」です。

セッションの他の参加者さん、ゲームマスターさん、いろいろな方が同じ卓を囲むわけです。

なので、ちょっと変わったことがやってみたい!なんて時は「相談」を積極的にしちゃいましょう。

人それぞれ、好き嫌いは様々ですからね。

というわけで皆さん、よきセッションを!

 

P.S.

報告・連絡・相談はなるはやでしてもらえるとゲームマスターはものすごく助かります。いやマジで。

*1:『アニマアニムス』『アンサング・デュエット』『ブラッドパス』など、枚挙にいとまがないほど

*2:システムによって呼び名が異なる場合もありますが

*3:ただし、『インセイン』『シノビガミ』などで「隠しておかないといけない秘密」をばらすのはダメ